頭皮の乾燥

暖房を付ける季節になって、乾燥がひどくなる季節になってきました。

肌の乾燥には気を使うのですが、頭皮の乾燥にはあまり気を使わないってことないですか?

私も去年まで頭皮のことなんか気にも留めなかったのですが、いきなりフケの様なものが出てきて頭皮が痒くなってきてしまったのです。。

慌てて皮膚科に駆け込んで大事には至らなかったのですが、そのことがあってから頭皮にも気を使うようになりました。

シャンプーやコンディショナーはもちろんなのですが、意外に見落としがちなのが白髪染めなんですね。

最初は私もシャンプー・コンディショナーにばかり気を使っていたのに、乾燥は一向に治らなかったのですが、白髪染めにも気を使うようになったら乾燥もマシになってきました。

白髪染めも頭皮に負担をかけてたんですね。。

それまでは価格にばっかり気を取られていたのですが、今では成分表を見てから購入するようにしています。

やはり白髪染めも安心が大事ですよね。

 

寒くなる季節だからこそ

毎日寒くなってきました。

今日なんてコート+マフラーしないと寒くて外に出れない…

これからどんどん寒くなってくるんでしょうけど、こういう時に白髪染めをしておこうって気持ちになるんですよ。

夏と違って気持ち的にも侘しくなる季節。

こんな時に白髪なんてあったら余計老けこんで見えちゃうんですよね。

私はこの季節は絶対に白髪を残さないように心がけてます。

もちろんこの季節でなくても心がけないとダメなんですけどね(笑)

この時期に白髪染めに加えて心がけることは「あまり明るすぎる色にしないこと」。

真っ黒にすると重たすぎるんですけど、この時期は焦げ茶ぐらいの色にするように心がけています。

そうすると秋服、冬服にもぴったり合うんですよ。

良いイメージが無い白髪ですが、こうして白髪染めで遊ぶことによってマイナスイメージをプラスに変えて内面から美しくなっていきたいですね。

ストレスによって髪にダメージ!

最近女性も抜け毛で悩む人が増えてますね。

前は、女性の髪の悩みと言えば、白髪、コシがない

広がりすぎるなどしか聞いた事がなかったような気がしますが。

でも、時代と共に女性も社会進出し、でもそこには

色んな壁があってストレスもハンパないんでしょうね。

そのせいかヘッドスパを売りにする美容室も増えた気がするし

シャンプーなどヘアケア用品も地肌ストレスを改善なんて

ものが増えたかも。

先日もある雑誌を見ていたら、地肌ケア中心の製品を

ラインナップしていてつい見入ってしまいました。

オーガニックや薬用など種類も豊富でした。

クレンジング効果のあるオイルで地肌をマッサージして

頭皮に優しいシャンプーで洗い、トリートメントで栄養補給。

こういったトータルケアをしていると抜け毛だけでなく

白髪も減りそうです。

あとは規則正しい生活、食生活で髪にダメージを与えない

ように心がけたいですね。

 

 

 

秋に流行るヘアスタイルは?

ようやく長かった夏も終わって秋らしくなってきました。

この季節は、まだ暑い日もあったりで寒暖の差が激しいこと

もありますね。そうなると乾燥がひどく進んで髪や肌、

特に地肌の乾燥が気になってしまいます。

先日、秋らしいヘアスタイルにしたいなって思って

雑誌なんかを見ていたのですが柔らかなパーマやブラウンカラー

が流行ってるようです。

ただ、肌荒れや夏の髪の傷みが気になる季節にパーマとカラー

いっぺんにするとどれだけよくないんだろうと思ってしまいます。

しかも、最近増えた白髪もすごく気になって。。

でも、優しく染められる白髪染めのことなら今、色々なサイトで

紹介されてるし、これなら髪も傷まず、おまけに肌にも優しく

いられそうです。せっかくオシャレな季節がくるのにそんなことで

躊躇したくないですもんね!冬が来るともっと乾燥しそうだし

今のうちにヘアスタイル変えておきたいな!

ボリューム感のあるゆるやかなパーマをかけたいと思っています!

自然に白髪が染まる白髪染め

最近、人気の高まるシャンプータイプの白髪染め。

毎日普通にシャンプーするだけで、少しずつ自然に白髪が染まるというアイテムです。

同様にトリートメントタイプのものもあり、こちらも洗髪後に使用し続けることで、髪が染まっていきます。

どちらも髪に負担をかける染料を使っていないので、髪や頭皮を傷めず、誰でも安心して使えます。

使われている素材は商品によって異なりますが、植物を中心とした厳選された天然成分で、髪の健康も守るものが多くなっています。

髪の毛をしっとり仕上げる

毎日の洗髪で染まっていくので、わざわざ白髪染めのための時間をとる必要がありません。

一気に色を変えるのではなく、少しずつ染まっていくので、周りに気付かれず、自然に染めることができます。

今まで白髪染めをしたことのない方や、男性でも手軽にチャレンジでき、好評です。

トリートメント成分が含まれているものが多く、髪の毛をしっとり仕上げてくれるのも高評価です。

いつもきれいな状態をキープ

デメリットとしては、ヘアカラーのように一気に染めることができず、色が染まるまでに時間がかかることと、ヘアカラーほどしっかりとは染まらないこと。

髪の色をまったく変えるということもできません。

髪が真っ白な方には不向きです。

ただし、白髪染めの補助的役割として、一度全体染めタイプで白髪を染めたあと、ケアしつづけることで色落ちを防ぎ、いつもきれいな状態をキープすることが可能です。

生え際など新しく髪が伸びてしまう部分も、洗髪時に使い続けることで、白髪が目立ちにくいという点も大きなメリットです。

一時的な白髪染め

カラースプレーは、染料を髪の表面に直接スプレーして、白髪を隠すというものです。

ヘアカラーが髪の内部を、ヘアマニキュアがキューティクルを「染める」ものであるのに対し、カラースプレーはあくまで表面にコーティングして色をつけるだけです。

水溶性なので、シャンプーすれば簡単に落ちます。

頭皮や髪へのダメージなし

カラースプレータイプのものは、頭皮や髪へのダメージもほとんどなく、アレルギーなどの心配もないので、肌が弱い人や髪が傷んでいる人も安心して使えます。

ただし、一時的な着色料のため、長期の色染めにはなりません。

半日~1日しかもたないので、毎回スプレーをして白髪を染め直す必要があります。

長期の効果を期待する人には向かないタイプです。

また、雨などで濡れると、色落ちする危険もあるので、天候には要注意ですし、プールや海に行く時にも不向きです。

スプレーの仕方によっては、むらがでてしまうのも欠点です。

急なリタッチや1日限定のヘアメイクに!

そのため、メインの白髪染めとしてではなく、ヘアカラーやヘアマニキュアをした後などに、新しく伸びてきた部分のリタッチに使うのが適しています。

生え際が白くなっている時、染め直すにはまだ早いなという時など、気になる部分だけをぱっと染められる手軽さは助かりますね。

簡単な白髪染めとして、男性にも人気があります。

また、カラースプレーには豊富な色の種類があるので、髪の毛の一部に違う色でハイライトを入れたい時などにも、使うことができます。

ちょっと1日だけおしゃれを楽しみたい時にもよいですね。

色素を吸着させ髪をコーティング

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、半永久染毛剤という言い方をする場合もあります。

脱色して髪の内部に染料を浸透させるヘアカラータイプとは異なり、ヘアマニキュアでは、メラニン色素は脱色しないで、髪の表面に色素を吸着させコーティングさせる仕組みになっています。

キューティクルの一番表面近くの毛皮質を染めます。

マニキュアという言葉どおり、手足の爪に使うマニキュアと同じようなイメージです。

白髪は自然な感じに色がつき、黒髪ではほんのり色みが変わる程度で、ヘアカラーのように髪色を明るくしたり、まったく異なる色にすることはできません。

髪や頭皮に優しい成分

メリットはヘアカラーより刺激が少なく髪や頭皮に優しいこと。

また表面がコーティングされるので、髪にきれいなツヤが出るのが特徴です。

髪の傷みが気になる方や、ヘアカラーには抵抗がある方に適しています。

デメリットとしては、色の持ちがそれほど長くないこと。

内部に染料を染みこませす表面しか染まっていないので、シャンプーのたびに徐々に色が落ちてゆき、約2~3週間で元の髪色に戻ります。

また、ヘアマニキュアが地肌に付着すると、色がなかなか落ちないので、染めるときには顔などにつかないよう注意が必要です。

白髪染め用ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアは、ヘアカラー剤などにヘアマニキュア成分が入った混合剤が多くなっています。

ヘアマニキュアは主に髪の表面をコーティングしてツヤを出すためのもので、色を染める効果は強くないためです。

普通のヘアマニキュアより髪を傷めやすいので、使用する時には注意が必要です。

ヘアカラーは永久染毛剤

ヘアカラータイプの白髪染めは、基本は黒髪用のヘアカラーと同じです。

ヘアカラーは永久染毛剤と言って、髪に定着しているメラニン色素を分解し脱色すると同時に、染料同士を髪の内部で結びつけて、髪の内部に浸透させる方法です。

黒髪でも白髪でも一度色素を分解して染めるという部分は変わりません。

色もちがよくしっかり染める白髪染め

メリットとしては、色合いの持続の長さ。

染めた部分は約2カ月色が持ちます。

ただし髪が伸びてくると、そこは白いままなので、生え際などは部分的に染め直す必要があります。

またしっかり色が入るので仕上がりは安定感があります。

シャンプーをしても色は落ちません。

デメリットは、髪の内部に染色剤が入り込むので、その分髪や頭皮への負担が大きいこと。

頻繁にカラーリングしていると、髪を守っているキューティクルがはがれて髪の水分が失われやすくなり、パサつきやきしみなども出やすく、髪が傷みやすくなります。

使用時には必ずパッチテストを行って、チェックする必要があります。

髪をしっかり染めたい方には適していますが、もともと髪質が弱い人や、肌が荒れやすい人は使用には気をつけてください。

形状バリエーション豊富

ヘアカラータイプの白髪染めには、クリームタイプとジェル・液状、または泡タイプがあります。

部分染めには前者、全体染めには後者が適しています。

髪が長い場合は、ブラッシング感覚で染められるコームつきタイプが便利ですし、後ろや内側を染めるのが苦手な方には、全体につけやすい泡タイプがよいですね。

ヘアカラータイプからシャンプータイプまで

白髪染めの種類は大きくわけて「ヘアカラータイプ」「ヘアマニキュアタイプ」「カラースプレータイプ」「シャンプータイプ」の4つのタイプあります。

「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「一時染め」という分類をする場合もあります。

「カラースプレータイプ」が「一時染め」に当てはまりますが、「シャンプータイプ」のような「ヘアカラー」に近いものもあるので、それぞれの商品内容や使い方は、個々にチェックする必要があります。

クリーム状、泡状など形状いろいろ

また、クリーム状や液状、泡状のものなど形状のバリエーションもあります。

それぞれのタイプや形状ごとにメリット・デメリットがあるので、自分の髪質や髪の長さ・白髪の量、頭皮の肌質、また染めたい色や、希望する持ちの長さなどによって、最適なものは異なります。

それぞれの特徴を理解して、自分にとって一番使いやすそうなものを選ぶことが大切です。

自分の髪質に合ったものを!

中でも、自分の髪質に合ったものかどうかは重要です。

白髪染めは髪質によって染まり方に大きな違いが出ます。

髪形、髪の量や太さ、何度もカラーリングしているか・はじめてかによっても違いますし、髪のもともとの色の影響もあります。

自分の髪質をしっかり把握していないと、思ったより白髪が染まらなかったり、逆に髪色が明るくなりすぎて「イメージとまったく違った」ということも起こります。

パッケージの色だけでは判断しきれないのが、なかなか難しいですね。

失敗しない白髪染めのためにも、普段から自分の髪質をチェックしておくようにしましょう。